テクスターの強み

創ること

ものの豊かさから心の豊かさへ、という時代の変化からか、建築にも合理性や効率性だけでなく多様な価値観が求められています。

しかし、もともと多様であり、だからこそ奥が深いのが建築ではないでしょうか。

一つひとつが違い、一人ひとりに主張があるからこそ建築の仕事は楽しい。

私たちは常にそう実感し、「創るこころ」を大切にしています。

創の理念と技の理論

私たちはあえて自社を「工房」と位置づけています。工房とは美術家や工芸家の仕事場。
つまり「創るこころ」と「技」が一体となって作品を生み出す場だと考えています。

いま建築の現場では、プロジェクトが巨大化し、仕事が細分化する中で、本来一体であったはずの「創」と「技」が垂離し、自ら考え、創り出すという原点が失われつつあるように思えます。

私たちはたとえ小さな存在であっても「創と技」をトータルに表現できる工房でありたいと願っています。

得意化と多様化

「創」と「技」の一体化と、いくら志を高く掲げていても、それが実際の仕事に反映されなければ何の意味もありません。

私たちはこれまでも幅広い建築分野の仕事に取り組み、とりわけ伝統的木工造作工事においては各方面から高い評価をいただいておりますが、さらにハイレベルをめざして得意化するとともに、さまざまなニーズに対応できるよう業容と技術の多様化に取り組んでいます。

柔軟志向のシンクタンクとして

自らを工房と位置づけても、今日の大手ゼネコン主体の業況にあっては、プロジェクトの中でいかに独自性を発揮していくかが重要なカギとなってきます。

そのためには、技術の得意化・多様化はもちろんのこと、トップダウンの中に埋没しない自由な発想や柔軟な思考が大切になってきます。

ときにはシンクタンクとして、提案や自己主張ができるプロ集団に。私たちは常に貪欲です。

作ること

建築に限らず、技術や文化や伝統と切り離して考えられません。

だからこそ技術には普遍性があり、法隆寺や姫路城の中に絶えず、「新しくて古い」「古くて新しい」ものを見出すことができるのではないでしょうか。

どんな最新の機械や先端技術が生まれても、ものを作るのは人間。

時代を超えるのは「作るこころ」だと私たちは信じています。

伝統の上に築くもの

私たちはこれまで、伝統的な造作工事を得意としてきましたが、最近は鉄筋コンクリート構造のマンションや公共施設の造作・内装工事の発注をいただくことが多くなり、そのための研究開発や新構法の木造建築などにも積極的に取り組んでいます。

もちろん多くの試行錯誤もありますが、ものづくりの基本は「作るこころ」。

伝統を大切にしつつも、その上に柔らかなヘッドやハートを乗せることを忘れていません。

集合体であり個体である

「作るこころ」があっても、それにともなう技術がなければ意味がありません。一人ひとりの技術力こそ私たちの自信です。
建築設計士、施工管理士、技能士など確かな技術を誇る人材が、小さな会社ながらも多士済々。

そのうえ一人ひとりがスキルアップに実に意欲的です。

仕事をするのは会社という集合体だが、真価を問われるのは個体としての各人の技術力だと確信しています。

一人一人が未来をつくる

集合体であり個体であるということは、それだけ一人ひとりに課せられる責任や役割が重いこと。

ましてや建築は工業製品と違い、それぞれの人間が自分の持ち場で、建築を良くすることを考えながら手を加えていくものですから、私たちは各人が柔軟な思考力や豊かな発想力、よりハイレベルな技術力を身につけるよう日々努力しています。

ものをつくるのも、未来を築くのも、当社では一人ひとりが主役です。

造ること

  • さまざまな技術の中でも、建築技術ほど人間くさいものはありません。
  • 手がけてきた建築例を見ても、不思議とたずさわった人間の個性があらわれます。
  • とても人間くさいものだから、建築の善し悪しを決めるのもその人の人間性。
  • よく働き、よく遊び、「造るこころ」を磨くこともとても大切なことです。
  • 私たちは社員一人ひとりの個性と個声を定威厳に尊重しています。